MENU

ワキガ執刀の危機とプライス 保険は選択?

ワキガは腋臭と言う姿が在るのが特徴ですが、匂いの限度と言うのは個人差が在るのも特徴です。

 

クリアネオ,ワキガ,施術,危機

 

そのため、姿が軽度の場合には自分で腋臭と言う匂いに気が付かず、肉親からワキガの姿が在る事を知らされるケースも在ります。

 

姿が中度から重度の姿を持つ場合には手術を行う事で診察が可能になりますが、傷跡が残ると言ったリスキーが在ります。

 

ワキガ手術と言うのは、アポクリン汗腺を切除する方法で行われるもので、牝を使って3センチから5センチ程切開を行い、にらめっこの状態でアポクリン汗腺を切除していく手です。

 

ワキガはアポクリン汗腺から分泌される汗、そして常在バクテリアが混ざり合わさり、解体が行われる事で腋臭と言う匂いが出て来る結果、アポクリン汗腺を切除する結果姿を治せるという恩恵が在ります。

 

クリアネオ,ワキガ,施術,危機

 

因みに、にらめっこ後半手術法は傷跡が余白やすいという弱点が在りますが、アポクリン汗腺を綺麗に切除する結果再発が起こりがたく完治する可能性が高い手ですが、姿が軽度の症例、この方法で診察をしても、診察結末が在ったのか否かの判別がしんどい結果、姿が軽度の場合には他の方法で診察を行う事を勧められるケースも在ります。

 

また、ワキガ診察と言うのは基本的には自由治療となるのが特徴です。

 

両側の診察にかかる金額は病舎により異なりますが、一般的には30万円から50万円と言った金額悩みが生じる事になります。

 

しかしながら、病舎の中には姿が重度であると言った症例などでは保険適用が行われるケースも在ります。

 

以上の事業からも、恩恵としては中度や重度の姿の場合には再発が起こりづらく完治する可能性が高いと言う事業、自分でも臭いに気が付かない軽度の場合には手術を行ったとしても診察結末の判別が出来難いと言う弱点が在る事業、そして牝を使って切開をする結果、麻酔を使う、傷跡が残るなどのリスキーが在ります。

 

また、病舎によっては保険が適用するケースが在ると言った姿を持ちます。

 

クリアネオトップへ