MENU

ワキガは遺伝してしまう?両親がワキガだと児童もワキガ

こどもは親の遺伝子をもらって誕生してくるときに、多くの風説を受け継いでいます。

 

クリアネオ,ワキガ,遺伝,赤ん坊

 

その中にワキガの風説も含まれているので、片親がワキガの場合には約50百分率、親の場合には約80百分率の確率で遺伝してしまうと言われています。

 

異臭の原因となるのはお隣や乳首など限られた界隈だけお客存在しているアポクリン汗腺から分泌される汗ですが、アポクリン汗腺の総和は人によって差があります。

 

こういうアポクリン汗腺の総和を親から受け継いでいるのです。

 

これはもともとはワキガはフェロモンとして子孫を残すために重要な役割を果たしていたものだということが元凶だと言われており、異性を呼び寄せて子孫を残し易くなるので優性遺伝してしまうのです。

 

優性遺伝は親から貰った染色体に含まれている風説の中で、現れ易い実態を持っています。

 

クリアネオ,ワキガ,遺伝,赤ん坊

 

そのため、どちらかの親にワキガがある場合には50百分率の確率で染色体にアポクリン腺の総和が多いという風説が組み込まれている結果、こどもにもその慣例が現れ易くなるのです。

 

しかしそれは徹頭徹尾慣例の話です。慣例だけでは必ずワキガに悩まされる可能性があるとは言えません。それは慣例以外の食事が異臭の元になってしまう可能性がある結果です。

 

アポクリン腺から分泌される汗に含まれているたんぱく質や脂質、糖分などは常々食べているディナーを体調が会得吸収しているものです。

 

クリアネオ,ワキガ,遺伝,赤ん坊

 

アポクリン腺の多い慣例を受け継いでいたとしても、毎日のディナーで野菜系統を好んで食べているお客はアポクリン腺から出る汗に脂質や糖分が含まれている恐れは低い結果、ワキガ知らずで生活しているという可能性も皆無ではありません。

 

また、近頃の食事の西洋化によって、アポクリン腺から出る汗のクォリティーが脂質などが多いものに変わってしまったり、アポクリン腺自体が大きくなっているという見聞もあります。

 

 

クリアネオ窓口へ